« 2016年1月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年2月の1件の投稿

2016/02/12

Twitter 原寸びゅー:PC版ブラウザ用・Twitterの画像閲覧と保存がはかどる拡張機能の紹介

PC版ブラウザ(Google Chrome・Firefox・Opera)で公式Twitterを見る場合に、入れておくと画像の閲覧や保存が格段に楽になるChrome拡張機能/ユーザースクリプトを作成しましたので、その紹介です。

既にある「twitter画像原寸ボタン」の機能を参考に、独自に実装・機能拡張したものです。

主な特徴は、

  • タイムライン上に(Twitterに直接アップロードされた)画像がある場合、ツイートに[原寸画像]ボタンを表示。これをクリックすると、原寸の(URLが~:origとなる)画像を表示する(複数画像も単一ページ内に開く)。
  • 開いた画像の上部に[ダウンロード]ボタンを表示、これをクリックすると、画像を保存できる。
    このとき、「~.jpg-orig」といった拡張子は自動的に「~-orig.jpg」といった形に変換。
  • タイムライン上の画像にマウスカーソルを当ててコンテキストメニューを開くと(右クリックすると)、「原寸画像を保存」メニューが表示され、画像が原寸サイズで保存できる(拡張子リネームもあり)。
    この機能は、Chrome拡張機能版のみ。

といったところです。

■動作デモ

■インストール方法・使い方などの詳細はこちら

■作成経緯

PC版ブラウザで、Twitterのタイムラインを見ていると、

  • ツイートに添付された画像が小さかったりトリミングされていたりして、見えにくいことが多い(特に複数画像があるツイート)。
  • また、ツイートをクリックして個別に開いても、特に見やすくはならない。
  • コンテキストメニュー(右クリック)や、画像サムネイルのアドレスバーへのドラッグ&ドロップ等で画像を単独で開くも、原寸サイズでないことも多い。
  • またそもそも、右クリックから画像を開けないこともある。
  • 原寸サイズで開くためには、URLの後ろに :orig を付ける必要があって、手間がかかる。
  • また、これを保存すると、環境によっては拡張子が「.jpg-orig」のようになってしまい、リネームの必要がある。

といった各種の不満が出てきます。

そのうち、これらを軽減するユーザースクリプトでも書くかな~とか思いながらなかなか実行しないうちに、ある日、既に「twitter画像原寸ボタン」というものが存在することを知りました。

これに刺激を受け、自分の欲しい機能を盛り込みつつ作成したのが、「Twitter 原寸びゅー」です。

■ネタ元はこちら

« 2016年1月 | トップページ | 2016年7月 »

戻るリンク追加

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログカレンダーPlus

検索


    • Web全体 サイト内
    • 蔵書のISBNを入力して下さい
    • はじめる前
      初級者向け
      上級者向け
      ブログ紹介
      結果を表示

最近のトラックバック

コメントリストツリー化

無料ブログはココログ