« 読書キュー出張版・コミックス編 | トップページ | 因果応報(違 »

2006/03/02

ジュエリー★EYES

仕事で午前様……なのでお手軽にコミックス一冊だけ読了。






ジュエリー・EYES


倉橋 えりか 

ジュエリー・EYES







発行所:集英社 
定価:¥ 410
コード:ISBN4088566696
発行日:2006/02/15


うーん……『超久々の読み切り集』となっていますが、倉橋さん、長編に慣れすぎてしまったのですかね?
(以下、ちとネタばれあり)


全部で4本の短篇集ですが、最近(H17掲載)の作品である前の3品は、どうにも消化不良気味。


前2作(表題作の『ジュエリー★EYES』と『劇愛10カウント』)はストーリ的には続き物で、精神科医の娘で催眠療法(“眼力”が前面に出ているぶん、どうしても催眠“術”の色が濃いですが)を得意とする主人公と、一見不良&家庭の事情でいろいろあって自己中な彼氏のお話……なんですが、中途半端。
せっかくの設定が生かされているとは言いがたいかも。


どちらの作品も、途中経過は急ぎすぎだし、読者が設定を飲み込む前に無理やりオチをつけられた感じで『あれ?こんなところで終わり?』という読後感。
きちんと書ききるためには最低2巻分は欲しいところ。


『反逆者のテリトリー』もおんなじことが言えるかな。あこがれの先輩と付き合い始めたばかりの主人公が、小さい頃にいじめていた幼なじみと再会、いろいろと動揺している中で、付き合っている先輩とはどこかずれを感じてきて……というある意味よくある展開ですが、全体としてはやはり詰め込み過ぎ、駆け足感がぬぐえません。
本来なら最低1巻分は欲しいところ。


一方、同じ幼なじみモノでありながら、昔(H10掲載)の作品『ラッキー☆フラワーズ』は、特に詰め込みすぎた印象はなく、ほどよく短編として納得のいく範囲でまとまっています。

コマ割りが細かいから小回りが効いているのか?(って、別にシャレじゃないぞ(笑))。


前3本については、きちんと尺のあった巻数で、リメイクしてもらえるとうれしいなぁ。

« 読書キュー出張版・コミックス編 | トップページ | 因果応報(違 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュエリー★EYES:

« 読書キュー出張版・コミックス編 | トップページ | 因果応報(違 »

戻るリンク追加

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ココログカレンダーPlus(旧2)

検索


    • Web全体 サイト内
    • 蔵書のISBNを入力して下さい
    • はじめる前
      初級者向け
      上級者向け
      ブログ紹介
      結果を表示

コメントリストツリー化

無料ブログはココログ