« 次は53時間メンテ(12/5~7) | トップページ | 気がつけば師走 »

2006/11/29

ロードスという名の島がある

『ロードス島』というのが、『薔薇の花咲く島』という意味だと、つい先程知りました。
ローマ人の物語(文庫版)・賢帝の世紀(中) P.138より。
いや、もちろん、本物のロードス島のほうですけれどね。
某呪われた島の方がどうなのかはわかりません(笑)。
それにしても、ロードス島戦記リプレイの連載開始って、20年以上前なのか、もしかして……。
確かコンプティーク上で、最初はD&Dを使用していた気がします。
『ロードス島攻防記』という本を見て、実在のロードス島を知ったのはその数年後だったような……。
それから20年近く経ちますが、未だに攻防記の方は読んでいなかったり(苦笑)。

« 次は53時間メンテ(12/5~7) | トップページ | 気がつけば師走 »

覚書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードスという名の島がある:

« 次は53時間メンテ(12/5~7) | トップページ | 気がつけば師走 »

戻るリンク追加

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ココログカレンダーPlus(旧2)

検索


    • Web全体 サイト内
    • 蔵書のISBNを入力して下さい
    • はじめる前
      初級者向け
      上級者向け
      ブログ紹介
      結果を表示

コメントリストツリー化

無料ブログはココログ