« 人間には、手が一本足りない | トップページ | リプレイ読みの用語知らず »

2012/06/15

体現

『下手の考え休むに似たり』……語源は、碁からだったか将棋からだったか…。
気になって調べていたところ、
下手の考え休むに似たり - 故事ことわざ辞典
囲碁や将棋で、…(以下略)
のページの、週間ランキングのところの、
木で鼻をくくる - 故事ことわざ辞典
本来は「木で鼻をこくる」といい、「こくる」とは「こする」の意味で、木で鼻をかんでは、紙のようにしなえようがないことから。
の方が気にかかり、さらに調べればよいものを、
『これは、木くらいしか手元に無くて仕方がなくそれで鼻をかんだときのような憮然とした表情を相手がしていることを指しているのか、それとも、お前なんぞ木で鼻でもかんでおけばよい、と、無愛想というか無礼な態度を取られたことを指しているのか……?』
としばし考え込んでしまうようなことを、『下手の考え休むに似たり』といったりするんだろうなぁ。

« 人間には、手が一本足りない | トップページ | リプレイ読みの用語知らず »

ひとりごと」カテゴリの記事

おもいつき」カテゴリの記事

覚書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体現:

« 人間には、手が一本足りない | トップページ | リプレイ読みの用語知らず »

戻るリンク追加

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ココログカレンダーPlus(旧2)

検索


    • Web全体 サイト内
    • 蔵書のISBNを入力して下さい
    • はじめる前
      初級者向け
      上級者向け
      ブログ紹介
      結果を表示

コメントリストツリー化

無料ブログはココログ